忍者ブログ

金融機関貸出情報まとめサイトです

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



自らを奮い立たせる方法 どうしてもやる気がないときってありますよね。 やる気がないからいつもダラダラしてしまい、勉強や仕事がうまくいかない… ということも多いと思います。どうしてもやる気がでないとき、 自らを奮い立たせる方法をご紹介します。 ■ 前提 まず、一番大事な前提として知っておいてほしいのが 「行動していないときにはやる気はでない」ということです。 脳には側坐核(そくざかく)という部分があります。 この側坐核が働き、脳内物資が出るとやる気がでてくるという メカニズムになっています。しかし、この側坐核は、 「作業をすると活発に動き出す」という傾向にあります。 作業興奮と呼ばれたりしますが、興奮すると脳内物質がでるのです。 つまり、ものすごく簡単に言うと「行動するとやる気が出る」ということです。 やる気がなくても行動をしてしまえば、やる気がだんだん出てくるという ことになります。しかし、「やる気がないから行動できない、 だからやる気が出ない」というのでダメなループに入ってしまうのです。 ■ 改善方法 やる気を出すには、「無理矢理にでも行動する」ことが大事。 無理矢理に行動させる方法を紹介します。 ・ STEP1 まずは、行動をするルールを決めます。ルールづけは何でもいいのですが、 「作業の前にすること」としておくのがいいでしょう。 ここでは「コップいっぱいの水を一気に飲む」などにします。 ・ STEP2 そして、その作業ですることを明確にしておきます。 「勉強する」などではなく「この英単語帳の10ページから20ページまでを 50分で暗記する」などを決めます。あまり長時間かかるものにすると だらけてしまうので、短時間で終わるものにしておくとよいでしょう。 ・ STEP3 何かやる気を出したい作業のときに、STEP1で決めたルールを実行します。 例では「作業の前に水を一気に飲む」などをします。このルールは 何でもいいのですが、気軽にできて、特殊なものにしておきましょう。 その行動をしたらすぐに集中してやりたい作業をします。 ・ STEP4 ルールを決めたら「最初の何回はすぐに行動をする」というのを心がけます。 最初はツライのですが、行動をすればやる気が出るので大丈夫です。 これを何度か繰り返すと「水を一気飲みすると行動する」という習慣づけが できます。「やる気がでないな」というときに「水を飲めばなんとかなる」 と思えるようにもなります。 つまり「行動をしないとやる気がでないから、 無理矢理にでも行動するきっかけを作る」ということだけです。 「やる気がないときにただ行動をする」というのはつらいので、 何かきっかけを用意するのです。一度行動をしてしまえばやる気が出てくるはず。 ぜひ、試してみてくださいね!
PR
←No.49No.48No.47No.46No.45No.44No.43No.42No.41No.40No.39
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
フリーエリア