忍者ブログ

金融機関貸出情報まとめサイトです

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんな時代だからこそ自給自足。
自分の食べるもんぐらい自分で賄えれば、かなりの自由が得られる!
つまりお金をたくさん儲けなくても、生活やっていけるんですからね。
生活のスタイルには各人各様、さまざまです。
でも、たぶん、誰もが自分の好きなように生きていきたい!って思う。
この「自分の好きなように」生きることのなかに、自給自足を加えよう。
でも、これは、考えれば考えるほどに難しいことのように思います。
というのも現代社会で生きる方法ってなると、まず第一にお金が必要です。
それもかなり大量に稼ぎださないとやってられないじゃん、ね。
家族の平均年収が、いかほどかは存じませんが、
財産無く、結婚して夫婦だけの稼ぎで所帯を作っていくとなると、
夫婦に子供2~3人の所帯で、マイホームを手にして、
子供を大学まで進めさせたとしたら・・・
単純に年収1000万円??!!!は、稼ぎ出さんとやってられんでしょね。
いやいや、中心にいらっしゃるお人は、そんな金額どころじゃなくて、
もっと高額所得者ですよね(笑)
平均的生活者の実態は、どんなもんでしょうね。
親からの資産なしのゼロ出発で、平均的サラリーマン像です。
そのサラリーマン家族、核家族の像です。
決して貧困ではないですが、豊かでもないですね。
ええ、そのなかで何の苦労も苦痛も無く生きていけたらラッキー人生!
でも、大方は苦労と苦痛をなめながらの生活を延々と続けてる。
いや、子供は宝です、もう子供と一緒に居るときってさいこ~幸せ。
いいんです、それで、マイホームパパ、ママ。
でも、ある瞬間!そんなんじゃない~~、自由が欲しい!
なんてことに目覚めてしまって、そっからの脱出を試みようとするときです。
遥か向こうに自給自足、じきゅうじそく、なんて熟語が漂ってのが見えるんです。
で、山へ入って、くるみを拾う、まさに原始生活らしさを夢想している自分発見!
川には小魚が棲み、山には山菜や木の実が自生する。
そこにヒトの生活根拠を置くということですから、
現代にあっては、必然的に環境問題を考えていかないとダメですね。
野菜栽培や主食生産にしても、機械を使わず人力に依存するとなると、
たとえば1反の田んぼで200キロ(以上)の米が収穫できるとして、
家族4人分の主食(一人年60キロ平均)がまかなえる量なんですね。
自給自足の方へ、といっても、実践していくには、
現代人の体力でどこまで可能か!
PR
←No.55No.54No.53No.52No.51No.50No.49No.48No.47No.46No.45
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
フリーエリア