忍者ブログ

金融機関貸出情報まとめサイトです

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

純度の高いコカインと、混ぜ物があるコカインの違い

近年、コカインの流入が急増している英国で、当局が、コカインの混ぜ物として利用される薬品の不正流通を摘発して、コカインの流通に打撃を加えたというものだそうです。
コカインの混ぜ物についてこちらのブログに触発されたので記事を書いています。


コカインの混ぜ物が薬物戦争の標的に

コカインの混ぜ物英国の重大組織犯罪局Serious Organised Crime Agency (Soca)が押収した2トンのベンゾカインが焼却炉にいれられる。ベンゾカインは、薬物販売組織がとしてよく使うコカインの混ぜ物の代表的なもの。
ベンゾカインは1キログラム当たり10ポンド(約1,350円)で輸入され、薬物犯罪組織はこれを70ポンド(約9,500円)で買い取る。これがコカインに混ぜて密売されると、卸値で1キログラム当たり5万ポンド(約677万円)になる。
ベンゾカインは本来、歯科用麻酔剤などに使われている。

ひと昔前のアメリカでは、コカインの混ぜ物として糖類や粉ミルク、ホウ酸などが知られていましたが、最近では、ビデオに登場したベンゾカインのほか、リドカイン、リグノカインなど、多少なりともコカインに似た作用のある薬品などが代表的な混ぜ物としてよく使われているといいます。

英国では、末端で密売されるコカインの純度はかなり低く、10パーセント以下のものも珍しくない状態です。下の図は、『世界薬物報告書2010年版』に掲載された「連合王国(UK)の20009年1~9月における流通コカインの純度」という表です。

国境で押収されたコカインが純度80から50パーセントのものが多いのに比べて、警察が末端で押収したコカインでは、純度20パーセント以下のものが圧倒的に多くなっているのがわかります。
この差を生み出しているのが、混ぜ物です。密輸されたコカインに混ぜ物を加えて増量していくことで、末端にいくほどコカインの純度が低くなるのです。

密輸された高純度のコカインに、混ぜ物を加えて増量し、利益を少しでもふくらますのが、薬物犯罪組織のやり口だと、上記のビデオは説明しています。
医療用として輸入された時点で1キログラム当たり1,350円のベンゾカインが、コカインに混ぜて密売されると1キログラム当たり677万円に化けるとは。ときには、コカインの純度ゼロ、つまりベンゾカイン100%のものがコカインとして密売されていることもあるとか。

記事によると、大量のベンゾカインを押収したことで、末端でのコカイン密売価格に上昇がみられるとのこと。混ぜ物を入手しそこなった犯罪組織は、コカインの密売を控えているのではという観測もあるようです。コカインの密輸阻止と同じように、混ぜ物のやみ流通にストップをかけることも、薬物コントロールの有効な手段だと、記事はいいます。

ところで、薬物に混ぜ物はつきもので、純度が高いと定評のある日本の覚せい剤市場でも、末端では、ときどき混ぜ物の多い覚せい剤が押収されています。
覚せい剤の混和物としてよく知られているのが、観賞魚飼育でカルキ抜きとして使われるチオ硫酸ソーダ(ハイポ)で、覚せい剤に似た白色の結晶体です。

最近では、覚せい剤の価格高騰と品薄のなかで、ジメチルアンフェタミン(覚せい剤原料、湿気を帯びた白色の粉末)を混入したものが密売される例もあります。


混ぜ物コカインの危険度

一般的に、路上で売られているクラック・コカインには、かさ増しするために混ぜ物が入っている可能性がある。カナダのRCMP(王立カナダ騎馬警察)連邦薬物局のKent Dahlによれば、「コカインに見せかけた白色の物質がかさ増しのために混ぜられており、これらの不純物にはレバミゾールのような有毒な不純物すら用いられていたことが報告されているという。
※レバミゾール(英:levamisole)とは線虫駆虫薬の1種。線虫駆虫薬とは分かりやすく言うと寄生虫の事です。
まぁ、人間が飲む為に開発された成分とは言え、何度も摂取していいものではない。

コカインのかさ増しに使われる材料

  • 洗濯洗剤
  • カルナバ蝋
  • 蜜蝋
  • 松脂等
  • 粉ミルク

※蝋、油脂系、粉ミルクは体には害は無いが、有毒性が高いものも平気で混ぜてある場合もあるらしい。

クラックコカインについて

クラック・コカインとして使用されている物の中には、低純度の代物やまがい物も存在しており、これらにはコカイン吸引による健康へのリスクのほかに、他の成分由来のリスクが存在する。中でも、スピードボール(Speedball)あるいはスノーボーリング(snowballing)と呼ばれるコカインとヘロインの併用物は、コカインとヘロインいずれの単独使用よりもいっそう危険である。

クラック・コカインにより大量のドパミンが放出されることで、脳は他の組織への影響を与えようとする意欲を生じる。この生理反応により、脳は体内に大量のアドレナリンを放出させ、心拍数の上昇と血圧上昇の傾向を起こすことで、長期的には循環器系への問題を生じさせる。

この研究は、クラック・コカインの喫煙による摂取が他のコカインの摂取法よりもより多くの健康問題を生じさせることを示唆している。
これら諸問題の多くは特にメチルエクゴニジンに関連している。
メチルエクゴニジンは、クラック・コカインを喫煙する際の熱分解反応により生成する化合物であり、クラック・コカイン検出試験のバイオマーカーであるが、この化合物は心臓、肺、肝臓に明確な影響を与えることが知られている。

有毒な不純物
既に述べたように、かさ増し目的や、コカイン・クラックらしく見せかける目的で、不純物が混ぜられていることがある。時には、短期間および長期間にわたる健康へのリスクが明確に判明していない高毒性の物質が混ざっている事すらある。

例えば、蝋燭などのロウ(コカイン・クラックの見た目を偽装するために用いられる)の場合では、タバコ中で燃焼することで有害な煙が発生する。マカダミアナッツ(場合によっては警察がおとり捜査に用いる偽物であるかもしれない。粉末の外見がコカイン・クラックに類似)を掴まされた場合でも同様に、タバコ中で燃焼することで発生する有害な煙を吸うハメになる。

PR
←No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
フリーエリア