忍者ブログ

金融機関貸出情報まとめサイトです

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカってすごいです。4月20日はマリファナの日なんです。ボルダーがヒッピーの町なので、ボルダーだけなのかな、と思っていたんですが、Wikipediaで調べたところ、一応全国らしいです。


あまり詳しくないんですが、4月20日の4時20分から何分間かマリワナを吸ってもタイーホされないんです。コロラド大学では恒例の行事で、4月20日の4時20分に学校のフィールドに集まって一斉に吸うらしいです。去年は2000人が一気に吸ったとか。

なぜ4月20日なのかには色んな説があるみたい。一応、420(フォートゥエンティー)と発音するらしいです。(ナインイレブンみたいな)定説は不明、らしですが有力なのは

  1. ある高校の生徒たちが1970年代に学校が終わって4時20分から毎日マリファナを吸っていたそう。そっから4月20日の4時20分となったとか。うーん、いまいちな説得力。
  2. カナダのオンタリオの高速道路420っていうところで自然にマリファナが生えていたことから。これも微妙ー。

〔PR〕GOGO!問屋街現金化 即日果物 カロリー老人 施設 種類釣り 仕掛けトライ!車 名義変更依存症の原因

マリファナ420

全部あげるのは面倒なので私が好きだったのは、
マリファナを吸っている人を発見したときの警察の「コード」が420。アメリカの警察はコードを使いますね。日本もそうなの?有名なのは187(殺人)コードで、ラッパーがよく使います。Dr.DreとSnoopの歌でも「187 on an undercover cop」という歌がありました。でも実際は420はマリファナのコードではないそうです。そうだったら、おもしろかったのに。

アメリカの文化ってその場にいて、しかも気にしていないと気づかないことがたくさんあります。
アメリカ人にとっては普通すぎて教えてもくれないようなことがたくさんあって、そういうことに気づいたとき、そして気づいてから周りを見たら「本当だ」と思ったときが、やっぱりアメリカにいて楽しいなと思うことです。駅前留学では知りえないことだと思います。

言語も同じようにどれだけ周りを観察できるかで能力は変わってくると思うんです。異文化理解は言語習得とすごく蜜に関係してると思います。ちがいを見つけられること、新しいことに気づくこと、周りで何が起こっているか敏感な人は言語に優れているように思います。どうでしょう?

アメリカ合衆国の大麻のカルチャーにおいて、420(フォー・トゥエンティ, four-twenty)という番号は、大麻の消費と関連しており、しばしば大麻そのものを指す隠語である。言葉の正確な由来は不明。アメリカの多くの大麻使用者は毎年4月20日にマリファナを摂取し祝うために集う。日本においてもヘッドショップ[1]などで取り扱われている、大麻に関連したさまざまなグッズで、この番号を見ることができる。一例として、日本のチェーン展開しているヘッドショップの店名は「four-twenty」である。

〔PR〕大人のバイブアナル関連商品の通販A-バイブ通販電マ通販 - 突撃隊オナホール研究所オナホール通販比較

PR
←No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
フリーエリア